開業前にうまく資金サポートを受けよう

多くの人に出資されるように工夫しよう

返礼品を用意しよう

金融機関からの融資のように返済しなくて良い面が、クラウドファンディングのメリットです。
返済する代わりに、出資者へ返礼品を渡してください。
返礼品は非常に重要な存在で、価値がないと出資者が少なくなってしまいます。
世間からの需要が高いものを見極めて、返礼品を決めましょう。
また返礼品を渡す際に、お礼を伝えることも忘れないでください。

丁寧にお礼を述べることで、こちらの印象が良くなります。
再度クラウドファンディングをする機会が訪れた時に、出資してくれるかもしれません。
自分が何者でどのような事業を行っているのか、詳しく説明することも大事です。
社会に大きく貢献している事業なら、応援してくれる出資者が増加するでしょう。

SNSを活用してみよう

自分がクラウドファンディングをしていると、誰も知らないと資金は集まりません。
宣伝することが、クラウドファンディングを成功させるコツだと覚えておきましょう。
そのために、SNSを使うのがおすすめです。
SNSなら多くの人が使っていますし、情報が遠くまで拡散されやすいです。
実際に投資家もSNSで、出資する人や会社を決めている傾向が見られます。

投資家から興味を持ってもらえるように、SNSをうまく活用しましょう。
クラウドファンディングはサイトに登録するだけで簡単に始められますが、資金が集まるまでに時間が掛かります。
1年近い時間が掛かるケースが多く、会社を作りたいと思ったらすぐ始めて、開業前に十分な資金を集めましょう。


Shear!

B!